ファブリー病と プライド

ホーム / Dr.UENAMI日記 / ファブリー病と プライド

ツバキの花のつぼみが膨らみ、梅の花も満開、春近し、胸がときめく日々。

話題は変わるが ふと目にした認知症のパンフレットの内容について。「患者さんの日常の様子について教えてください」という 介護をされている方を対象にしている。

まず[何度も同じことを言ったり、尋ねたりしませんか?]

次に[あれ、それが多く、言葉が出てこなくなっていませんか?]

さらに[元気がなく 口数が少なくありませんか?]

また[以前興味があったことに興味が薄れていませんか?]

最後に[不安で同じことを何度も確認しませんか?]   この5項目の全てにおいて 「はい。そうです。」との回答だった。

家族の介護者は さぞお困りでしょうと 同情する。

(ひょっとして 自分自身にもあてはまらないのか?  私のプライド? も吹き飛んだ。)

(さすがに、よくできた質問表やなぁと強がり。)