ミオクロニー欠伸てんかんと関西弁

Dr.UENAMI日記
南岸低気圧と寒波の影響で 、寒さきびしい。早朝の土面の道路は、踏みつけるたびに霜ばしらで「キュッ、キュッ」と足もとで音がする。  見上げると 梅の花のつぼみが膨らみはじめた。 話題は変わるが、関西弁に対する誤解について。        関西のおばちゃん(下町)…
もっと読む

鼻副鼻腔炎とオヤジ

Dr.UENAMI日記
朝霜で真っ白な風景も、当たり前のように続く 季節。室内では ピンクのシャコバサボテン、 真紅のシクラメンが暖かさを添えてくれる。 話題は変わるが、中高年のオヤジのはなし。 一時期 職場の環境改善の進んでない事を‘3k’ 「キツイ」「きたない」「危険」と呼ばれて…
もっと読む

癜風とゴッホ

Dr.UENAMI日記
あずき色したほととぎすの花、夏を惜しむかのように サルビアと秋咲きのバラも終わりに近い。 話題は変わるが、診察室の中での会話の紹介。 ところによっては、待合室、処置室、受付に 『病気に関するポスター』を案内掲示板に ペタペタ多数枚、貼った光景を見かける。 美的…
もっと読む

カルシフィラキシスと 苦手なこと

Dr.UENAMI日記
ダリア、マリーゴールド、コスモスに キンモクセイ の香りに 秋の風を受け取る。 話題は変わり 極めて個人的な体験を紹介する。 私は 証明写真を撮ったり、人に撮られたりする のが 苦手である(自慢げに言うことでもないが) まともにマジメに緊張すると「怖い顔」にな…
もっと読む

間質性膀胱炎と おばちゃん

Dr.UENAMI日記
猛暑の中、ユウゼンカツラやキョウチクトウ、 ねむの木の花に 涼やかな景色の色どりは なごみ を与えてくれる。 話題は変わるが、「大阪のおばちゃん」の話 である。 前述した事あるが、再度 電車の中でのひとコマ。 “ウチ、通販で 「ストレッチ・チア」欲しくてなぁ”…
もっと読む

紫斑病性腎炎とスポーツジム

Dr.UENAMI日記
梅雨入りの前から 紫陽花(あじさい)が 咲いた。 雨の日に 似合う 青・ピンクも良いが 白あじさいが好ましい。 話題は変わり、スポーツジムでの風景を述べたい。 中でも 男性のヘアー・ドライヤー室について。 4人分の洗面台がある。 混雑する時間帯は、待つことも …
もっと読む

強迫性障害と 言行不一致

Dr.UENAMI日記
この地では 桜の花の 他を圧倒する華美な時のあと すぐに 山つつじ、椿、牡丹、石楠花と目を転じると 山々の若葉に 心、踊る日々へと 連なる。 話題は変わり、診察室での風景を 紹介したい。 70代後半かと 見間違える92歳のご婦人が、 毎月、診察室で 次のような…
もっと読む

良性発作性頭位めまい症と言葉

Dr.UENAMI日記
桜の開花が 発表され、寒さからの移り変わりに やわらかな弛緩が 訪れる今日この頃。 話題は変わり、当地 名張市の言葉使いに ドギマギ した様子を紹介する。 70代後半の女性(おばあちゃんと呼ばない)が 早口で 診察室に入るなり、声をかけてきた。 『きのう、買い…
もっと読む

サンゴ状腎結石とおやじギャグ

Dr.UENAMI日記
本格的な雪の季節の中、落葉樹の枝木が目につく 中、他家の庭のキンカンの金色の実に暖かな色彩を 感じている今日この頃。 話題は変わり、おやじギャグを繰り出す 診察室 での会話である。 60過ぎのメタボ体型の男性が、「朝起きたら 寝違えて首まわりが痛くて、午後から…
もっと読む

急性胃粘膜症候群と 律儀さ

Dr.UENAMI日記
今冬は、太平洋側が暖冬とは言え 木枯らしと朝霜は 例年のごとく身体が縮む思いの中 スイセンの花と 梅の花のつぼみを見つけて春の訪れを感じる。 話題は変わり、夫婦間で貸し借りに律儀な 大阪のおばちゃんの話をひとつ。 ある日の診察室での会話である。 おばちゃんが「…
もっと読む