大阪おばちゃんとネフローゼ症候群

ホーム / Dr.UENAMI日記 / 大阪おばちゃんとネフローゼ症候群
  • セイタカアワダチソウの黄色、キンモクセイの金色の花と香りのこの時期は寒暖差があり
  • しのぎにくい方も見られる。
  •  話題は変わるが診察室でのおばちゃんの
  • 実際にあった(とても信じられない)言葉を紹介したい。
  • 下痢が続いて食欲なく発熱もなく倦怠感を訴えているため新型コロナに細心の注意を払って かかりつけ医の仕事をこなしていた。
  • まず点滴補液で脱水症状は改善して帰宅できる状況となった。『経過を見たいので明日また、みます。受診してください。』と私。
  • 五十代のおばちゃんがオヤジギャグともとれる一声を放った。「えー、あしたは 股を見せるの?」予期せぬ返事に私は目を白黒させていた(と、思う)。・・・
  •  そこでとなりにいた看護師さんが 助け船を出してくれた・・・『下品な言葉やわ。」
  •  また話題は変わるが 最近すれ違った自動車で一人乗ってマスクをつけているドライバーをよく見かける。
  • 『三密』になる他人を乗せているわけでもなくただただ1人で室内にいて運転している。
  •  この状況であれば マスク着用はいらないかな?と思われるが習慣だろうか。
  •  私も1人通勤時、時々 そう言えばマスクしている「なんや、マスクをしてるんかい!」